葭村 太一

Scroll

biography

  • 1986兵庫県生まれ
  • 2009大阪芸術大学デザイン学科 卒業

人と自然との間のほんのわずかな誤差をテーマに作品を制作する。主に彫刻をベースとしているが、その都度テーマに合わせてドローイングやインスタレーションなど、表現技法は様々である。近年では、人と魚、人と虫、それらの関係性をアイロニカルな視点で発表。作品のモチーフは身近な自然物であるが、人間界に存在する自然物の在り方は、実は人工的なのかもしれないと作者は考えている。

個展

  • 2017年「 積氣 」 (Pulp / 大阪)
  • 2017年「 換喩生態学 」 (創治朗-Contemporary Art Gallery / 兵庫)

グループ展

  • 2016年「 空想ミュージアム 」 (成安造形大学 / 滋賀)
  • 2017年「 F The Art World 」 (チェルシー / ニューヨーク)
  • 2019年「 東京インディペンデント 」 (東京藝術大学 / 東京)
  • 2019年「 六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2019 」 (六甲山 / 兵庫)

アートフェア

  • 2019年「 ART OSAKA 2019 」 (HOTEL GRANVIA / 大阪)
  • 2020年「 OBJECT 」 (VOU / 京都)

受賞歴

  • 2017年「 F The Art World 」  彫刻部門 グランプリ
  • 2019年「 六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2019 」  公募大賞 準グランプリ